突然やってくる災害の前に確認しておくこと | 生き抜く為の準備/防災グッズ

突然やってくる災害の前に確認しておくこと

外で被災した場合

外で災害に見舞われてしまった場合、各々が自分の身は自分で守るという事が大事です。安全な場所に逃げることを第一に考え危険な場所へ行かない(戻らない)ようにしましょう。家族で事前によく話し合っておきましょう。

ポイント

  • 判断を誤らない
  • 危険な場所へ戻らない
  • 命の代わりになるものはありません

避難経路

活動エリアの地図を見ながら、どこを通ってどこへ避難するのかをそれぞれ想定しておきましょう。実際には通れなくなっている場合もあるのでいくつかルートを確認しておくと良いでしょう。

集合場所

お住まいの地域(市区町村)で設定されている避難所を確認しておく。緊急避難場所は役所のホームページなどで公開されています。

または

内閣官房国民保護ポータルサイト内の避難施設一覧

Yahoo!避難場所マップ

などでも確認できます。複数個所を想定しておきましょう。

連絡手段

災害時はスマホなどのネットが混線する事が多いので、各企業が提供している災害伝言サービスの利用についても話し合っておきましょう。

各企業の伝言サービス

  • NTT■西日本、東日本共に「171」に電話をかけ録音と再生ができます。利用には暗証番号を設定するものとしないものがありますが、どちらも電話番号で録音、検索再生できます。回線が混線したら伝言ダイヤルが開通されます。
暗証番号を利用しない場合の録音は、ガイダンスに従い
1711⇒(市外局番から電話番号または携帯番号)⇒1⇒(30秒以内で伝言を残す)⇒9⇒終了(訂正する場合は8)
暗証番号を利用しない場合の再生は、ガイダンスに従い
1712⇒(電話番号)⇒189(次の伝言を聞く)⇒終了(伝言を録音する場合は3)

NTT西日本伝言ダイヤルご利用法

NTT東日本伝言ダイヤルご利用法

各キャリアの災害伝言サービスについては、auとソフトバンクはアプリから、ドコモはi-menuから利用できます。詳しくは各キャリアのサイトをごらんください。

スポンサーリンク
PR
PR
スポンサーリンク
PR