突然やってくる地震の前にやっておきたい対策 | 生き抜く為の準備/防災グッズ

突然やってくる地震の前にやっておきたい対策

家の中

大怪我や命を落とす多くの原因として家具の転倒があります。家具の配置や転倒防止などを考えてみましょう。また割れたガラスなども怪我の元となります。割れにくいように、割れた時の為に対策が必要です。

家具

ポイント

  • 夜間の地震に備えて寝室には極力家具を置かない
  • お子様が小さい場合は子供部屋にも極力家具を置かない
  • 寝室や子供部屋に家具を置く場合はなるべく背の低いものを選ぶ

家具の配置を考える

家具は面積が広い面の方向に倒れます。通常、正面か背面方向という事になります。

 

家具の面積が広い面の前にベッドを配置しない、寝具を置いてそこで寝ないように気をつけましょう。家具の側面にベッドがくるように配置するのが望ましいです。

家具の転倒を防止する

家具が転倒しないように転倒防止用のグッズを使うことも考えましょう。いつかやろうではなく今からはじめてください。100均などでも手軽に買えますが耐震専用のものを使う方がより安心です。

100均のものでも対策しないよりはした方が断然良いので応急的にやっておいて後でしっかりとしたものに交換する事を検討しましょう。

チェックするところはビス止めのものであればビスの長さ、つっぱり棒タイプのものであれば中のスプリングの強度、ストッパー部分の滑り止めの強度です。専用のものと比べ劣化も早いので定期的な確認がのぞましいです。

家具の移動を防ぐ

タンスや冷蔵庫以外の家具で凶器になるものも色々と考えられます。テレビやレンジなどの家電製品です。

滑り止めマットや滑り止めジェルを下に敷いたり、固定器具で固定してください。

窓や家具のガラス

窓ガラスが割れる原因は、揺れによるフレームの歪みや家具が転倒して衝撃で割れることが考えられます。事前に対策しておく事で危険や事故を未然に防ぎましょう。

ポイント

割れたガラスの破片で怪我をするのは足元だけではなく頭や体の場合もあります。割れないように、割れても破片の飛び散り被害を最小限に防ぐ事を考えてみましょう。

窓ガラス用の防犯シートを貼ると防犯と防災両方の対策になります。ガラスの飛び散りにはカーテンを閉めておくのも防止策のひとつになります。

スポンサーリンク
PR
PR
スポンサーリンク
PR