電池不要のグッズ(携帯充電器/ライト/ラジオ) | 生き抜く為の準備/防災グッズ

電池不要のグッズ(携帯充電器/ライト/ラジオ)

防災グッズで用意しておきたいのが懐中電灯などの暗闇を照らすライトや今では必需品の携帯電話(の充電器)、災害の全体状況を把握するのにラジオなどありますが、どれも電源を必要とします。

乾電池式のものでも乾電池を用意しておけば使えるのですが、乾電池も消耗品です。乾電池を使い切ってしまえば、それらは使い物にならないものと早変わりしてしまいます。

発電アイテムを使用しない場合、災害時の電化製品の使用時には電池の消耗を防ぐ為使用は短時間に留め、こまめに電源を切るなど電池を無駄に消費しない工夫が必要です。

そこで電池に頼らずにこれらの電化製品を準備する事も考えてみてはいかがでしょうか。

ソーラータイプ

ソーラータイプであれば太陽の光で発電しますので電池は不要です。ソーラーパネルはホームセンターやネットなどで入手できますので蓄電池と合わせて発電装置を自作しておく事も可能です。

想像しにくいかも知れませんが、キャンプや明かりのない生活を体験するなどと言った自発的に望んだ状況と違い、災害時の全く明かりのない生活は不安感も大きいです。明かりがあるだけで少しの安心感は得られます。

また、今やライフラインの1つとも言える携帯電話も充電がなくなってしまったら使い物にならないばかりか逆に使えない事によるストレスにつながってしまうかも知れません。携帯用のソーラー充電器なども販売されていますので検討されてみてはいかがでしょうか。

 手動式

手動式であれば乾電池の在庫を気にすることなく、また天候に関係なく発電することができます。手動式なのでハンドルを回す労力はかかりますので、発電は自分次第ということになります。

一体型オールインワン(携帯&ラジオ&ライト)

ソーラータイプも手動式タイプもそれぞれ、ライトや携帯充電器やラジオなどありますが、これらが全部一体になったものであれば、1つだけを防災カバンに入れておけば安心です。普段は使わないものなのであれもこれもとかさばって荷物が重くなってしまっては持出し用の意味がなくなってしまいます。

オールインワンタイプのものも手動式・ソーラー式両方ありますのでご紹介します。

「情報、照明、通信、サイレン」が3パターンの充電方式で使える充電ラジオライト

充電コネクタがUSB式になっていますのでスマホもiphoneもどちらでも充電可能です。

助けが必要な場合にサイレンを鳴らす機能も付いています。

商品の詳しい性能や機能については下記楽天サイトからごらんください。


ソーラーでも充電可能な防災用手回し充電 ソーラー充電 ラジオライト

外部充電アダプタ(別売り)で家庭用電源からも充電できます。

短波放送で情報を受信することができる数少ない商品です。

商品の詳しい性能や機能については下記楽天サイトからごらんください。

 ポイント
発電機があれば、電気・電灯の使いすぎやスマホの使いすぎなどの電池消耗を気にする事がなくなるので、その分心の余裕が少しうまれます。
防災グッズの中に入れておきたいアイテムです。
スポンサーリンク
PR
PR
スポンサーリンク
PR